ディズニーに安く快適に行く3つの方法とは

2019年4月20日

ディズニーが僕は好きで大学になってからも何度か行っています。しかし関西から行くとなると交通費、パーク代、ホテル代と色々費用がかかってしまうので、お金のことを考えるとなかなか自由に行けるわけではありません。学生にとっては費用を抑えてそれでも楽しい旅行にしたいと思いますよね。

早くに計画を立てる

まず早いうちに予約すれば安くホテルを取れるということです。(だいたい60日前で安くなる)

その場合はJTBなどの旅行会社に頼むのではなく自分で交通手段とホテルを申し込んだ方が安くなるのです。

さらに、早く予約することによって人気の部屋を予約することができます。人気が高い部屋はもちろんコスパのいい部屋が多いのでより得ができるのです。

では、具体的にどれくらいから計画を立てればいいのかというとホテルによって予約開始のタイミングは違ってくる。

こう言ってしまうとどうしようもないので、目安としてディズニーホテルのバケーションパッケージの予約が開始するのが6ヶ月前の11時であり、バケーションパッケージ以外での予約が5ヶ月前の11時であるのでディズニーホテルに泊まりたいという場合にはその時間に予約することを勧めます。(ただし11時付近はものすごく回線がつながりにくいため根気強く行うことが大切です。それでもホテルミラコスタの求める部屋を予約するのは至難の技です。

ただ、費用を抑えたいというだけであれば60日前に予約すれば十分です。

交通費を抑える

費用の中では交通費、ホテル代、パークチケット代の3つが大きなものとなります。パークチケットはディズニーの場合抑えることはほぼ出来ません。そのため抑えられるのは交通費とホテル代となります。まずは交通費を抑える方法にはどう言ったものがあるのか挙げていきます。

夜行バスで行く

関西からディズニーに行く最も安い方法は夜行バスである。最安値は時期にもよるが1500円から高い時期でも10000円はかかりません。ただし、私も夜行バスで行ったことは何度もありますが、やはり安いだけあって寝れないことも多く快適とは言えないでしょう。

ただ利点としてパークに開園前に到着することが出来るので飛行機や新幹線で当日行くよりは早く到着することが出来るでしょう。

新幹線で行く

新幹線で行くのが、一番快適なのではないかと私は思っている。東京新大阪間の料金は時期によらず普通車自由券は13620円である。学割の場合は11870円である。そのため、夜行バスでは行きたくないという人は新幹線がオススメである。

しかし新幹線の場合、関西を始発で出発してもディズニーのある舞浜駅には9時に着くため、開園には間に合わないのだ。そのため、朝一から行きたいって人には向かないかもしれません。

飛行機で行く

飛行機で行くのはあまりオススメではない。なぜなら料金も新幹線よりもかかり約2万円くらいはかかります。その上、飛行機に乗るためには乗るまでに時間がかかり、早めに空港に行かなければいけないということも考えると新幹線より速いというわけでもないのです。

ホテル代を抑える

正直、最も費用の差が激しいのかこのホテル代である。スイートルームといったものすごい部屋は除くが、どんなに安い時期であってもディズニーホテルには一部屋8万円を超えるような部屋も存在します。ディズニーパートナーズホテルであれば一部屋1万5000円ほどの部屋も存在します。

そのためホテルの選び方が鍵となってくるがカップルで行くのか、家族で行くのか、グループで行くのかと行ったことによってもお勧めは変わってくるのでディズニーホテルの選び方については下記記事を参考にしてください。

ディズニーへ行く時のホテルの選び方(ディズニーホテル編)

  • この記事を書いた人

令和 医学

京大医学部の医学生。自らの受験経験と大手塾での講師と家庭教師の経験から医学部含む受験についての正しい情報を知ってもらいたいと思っている。特に数学が得意で偏差値は90越え。趣味は旅行。特にディズニーが大好き。

Copyright© 初心者医学生の雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.