115回医師国家試験を受けた今思う国試対策完全版(得点開示あり)

2021年2月11日

どうもお久しぶりです。

2021年2月6日7日という日程で115回医師国家試験を受験しました。

自己採点をした結果そこそこ余裕で合格しているようなので今回は国家試験が終わった今だからこそわかる医師国家試験に本当に必要な対策について書こうと思います。

自分のやった国試対策

僕は国試対策としてMECの全講座を受講しておりました。それとQBというのが僕のやった全ての対策です。

QBとMECを5年生の頃からゆっくり初めており、直前はMECの直前系の講座と過去問5年分をやるって感じで勉強しました。

いつから国試の勉強を始めるか

いつから国試の勉強を始めるのかというのが一つ大事な問題になるでしょう。

自分の通っていた大学の場合5年生からポリクリが始まり、それ以降試験というものは一切存在しないので国試の勉強しかやることがない状態になります。

そのため僕の場合はポリクリで回る診療科の勉強をQBやメックを使って予習をするという形で5年生の頃から勉強を少しずつやっていました。実際半分以上の真面目ない学生がこんな感じで勉強していたと思います。

医師国家試験はとにかく普通なことをすればいい試験ですので、こんな感じでやるのが安心なのではないかと思います。

ただし、自分の周りにも12月くらいから本気で勉強して受かったという人もいたりはします。ただそうはいっても人によって4年生のCBTでどれだけ勉強したかとかも違ってくるとは思うので、早めに勉強を始めるに越したことはないです。

115回医師国家試験の自己採点結果

これが自己採点でまあそこそこって感じの得点ですね。一般・臨床はかなりつまらないミスもあったりしたので、もう少し出来ただろと自分でも思いますが、一般・臨床は流石に余裕だろという気持ちで見直しが適当だったので仕方がなかったかなあとも思います。

必修は96%ですがこれでも初日の必修の問題を解いているときは一瞬マジで落ちたんじゃないかと思うくらいでしたし、国試直前も必修が圧倒的に怖かったです。

まあ必修は3点問題があるので怖い原因はそれに尽きるわけですが、逆にそれさえ出来れば余裕です。

国試対策に予備校は必要か(MEC or テコム or medu4 or q assist)

僕自身はメックを全講座を受けてmedu4を多少受講したことがあるのですが、それ以外はほとんど知らないという状態です。

なので基本的にはメックのことしかわからないんですが、メックに関して直前系のサマライズやラストメッセージというような講座に関してはまあ受けてよかったかなあとは思っています

ベンゾジアゼピン系の前向健忘やFisher症候群など孝四郎が何問か的中させていますし、何よりも安心感につながる気がします。

ただ5年生向けの講義はほとんど今は覚えていない内容も多いのでまあそこまで必要なわけでもなかったように思いますが、どちらかと言えば5年生の頃から勉強しないとっていうモチベーションに繋がる事に意味があるのかなあとは思います。

ただし、京大医学部の同級生の中にはほぼ何も予備校関連のものをしていない人も結構いたりしますが、それでも合格している人がほとんどですので必須かと言えば必須とは言えないとは思います。結局はこういうものというのは安心のために買うというようなところがあるものなので自分がどれくらい不安の中で勉強出来るか次第という感じかなあと思います。

ちなみにどこがいいんですかって聞かれたらメックはそれなりにはよかったと思いますが、僕的には人と同じのをやるのがいいのかなあと思います国試はみんなが選びそうな選択肢を選んでれば絶対合格出来る試験なので、医学生の中での常識を身につけることが最も大事なわけです。

なのでそういう意味でみんなが受けている授業であったり、模試であったりといったものを受ける意味があるのかなあと思います。

QB国試の必要性

僕は4年生の頃に学年の大半がQBを購入していたので自分も購入したのですが、今思うと最悪QBは無くてもよかったかなと思っています。実際僕は公衆衛生と必修に関してはQBを購入していません。

というのも今はQBを購入せずともQBオンラインで問題を解くことは出来る(ただし解説が読めない) というのもありますし、各予備校例えばメックの場合はほとんど全問どこかの参考書には掲載されている気がしますし、メックサーチで問題や解答の検索をすることが出来ます。

medu4ではよく知りませんがアプリが開発されたり、オンライン上でも結構簡単に問題演習も出来るのでわざわざQBで問題を解く必要っていうのはあまりなくなってきているのかなあと思っています。

国試の模試について

僕はメックを購入したことでメックの模試を全て無料で受けれたのでそれを受けたのと、友達が受けていたテコムとメディックメディアの模試に関しては問題を見せてもらいました。

模試に関してはやはり直前のメディックメディアとテコム4と冬メック模試は受験者が結構多いので、問題だけでも解いていた方が安心かなあというように思います。

まとめ

国試対策はやはり予備校は安心につながるのでお金があるならやった方が安心は出来る。QBはもはや必要ない。模試に関しては直前のやつは解いてると安心って感じです。

これだけやってれば必修の3点問題以外は怖がらずに国試を無事終えることが出来ると思います。

 

  • この記事を書いた人

令和 医学

京大医学部の医学生。自らの受験経験と大手塾での講師と家庭教師の経験から医学部含む受験についての正しい情報を知ってもらいたいと思っている。特に数学が得意で偏差値は90越え。趣味は旅行。特にディズニーが大好き。

Copyright© 初心者医学生の雑記ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.