【2019最新マッチング情報】とある病院の説明会に行ってきました(驚愕)

2019年5月27日

こんにちは、今回は先日行ったとある病院の病院説明会の話をしたいと思います。具体的な病院名は出さないようにしますが、マッチングとはこんなものなんだくらいに思ってくれれば幸いです。マッチングの必勝法は記事にしているので、そちらもご覧ください。

マッチング必勝法

病院説明会の説明会に行ったら衝撃でした

私は、今回とある京大の関連病院の病院説明会に行ってきました。今年の説明会はその1回限りだったので受験する6回生と興味のある5回生が来るような説明会でした。

その病院は研修医を毎年20人以上取るような大きな病院です。最近京大生の中での人気も高まっている病院で、京大生だけでも20人以上は説明会に参加していたと思います

いい病院なので他の大学からもきている人はいるだろうなとは思っていましたが、その人数が想像以上でした。

なんとその説明会に参加していた人は全部で100人を超えていたのです。

それだけ他の大学からも説明会に来ていたことになるわけです。

マッチングって大変なのか?

もちろん説明会に来た人が全員今年その病院を受けてそもそも第1希望にするのかはわかりません。ただもし全員受けるとすれば、5倍というかなり高い倍率となるわけです。

そう考えるとマッチングはかなり大変なのではないかと思われるでしょう。マッチングのマッチ率についてはメックのホームページに詳しい数字が載っていますので、詳しくはそちらを見てくれればわかります。

マッチングのマッチ率

マッチングは結構難しい

医師免許を取れば食いっぱぐれることはないと聞いたことがある人も多いのではないかと思います。実際、病院の募集人数の方が1年に卒業する初期研修医の人数より多いため研修医をどこの病院でもすることができないということはないです。

ただし、これは病院を選ばなければという話です。研修医の最低の給料は保障されているので給料が安すぎるとかいうことは今はありません。と言っても研修医の待遇は病院によって様々ですし、病院の特徴も様々なので人気の病院というのができるのです。そう言った人気病院では高い倍率の中から選ばれなければならないというまさに普通の会社と同じような就職試験を通過しなければならないというわけです。

人気な病院とは

今回私が説明会に行った病院ももちろんこの人気病院に分類されるわけです。ではなぜそこまで人気なのでしょうか。

以前病院の選び方については記事にしました。では実際どう行った病院が人気なのかということを簡単に書こうと思います。

一言で言うと「人気の病院は研修医がのびのびと学べる環境がある病院」と言えるでしょう。具体的には指導体制がしっかりしている、救急に関われる、病院が大きくて綺麗、給料がいい、大変すぎないといった要素のある病院が人気になってきます。

あと病院の立地というのが大きな要素になります。単純に都道府県別の病院のマッチ率を見ても関西の都道府県(兵庫県、大阪府、京都府、奈良県)は全国的にトップの高さとなっているのです。

それ以外の地域でも基本的に都会の病院は競争率が高くなりやすい傾向にあるのです。

私が説明会に行った病院は今あげた全ての条件を満たすような病院であったためここまで倍率が高くなったのだろうと思います。

人気病院にマッチングするコツ

私もまだマッチングが終わったわけではないので確実な情報ではないですが私の考えを書きたいと思います。

病院ごとに評価されるポイントがある

マッチングには病院ごとに試験があります。ではその試験が良ければ受かるのかといえばそうではない場合も結構あるのではないかと感じます。

もちろんただ単にテストの得点だけで決まっている病院もあるようですが、面接、小論文、見学の態度などから総合的に決まる病院もあるわけです。面接でどういうことが評価されるのかもわからないわけです。

だから、できる限りその病院がどういう人材を求めているのか把握するのがマッチングのコツなのではないかと思っています。

男女の人数比

男女の人数比を適切にしたいと考えている病院が最近多いのではないかと感じます。

京大の男女比は圧倒的に男子が多いわけですが、女子が3分の1以上を占める病院も結構あります。京大の関連病院はどうしても京大の人が受かりやすい場合が多いのですが、京大の女子は少ないので他の大学出身の女子が多く採用されている病院もあるように個人的に思います。

そのため、過去のマッチング結果の男女比の傾向からどういう人材が求められているのかわかる場合もあるのではないでしょうか。

給料は意外と大事

長い医師人生の中で研修医の2年間の給料が大事かといえばそんなに大事ではないと思います。ただし、研修医として毎日大変な生活を送っていく上でやはり料が高いとモチベーションを保ちやすいのです。頑張ればそれだけの報酬をもらえると思えば誰でも頑張れますよね。

そういう意味で意外と給料が高い病院が人気になる傾向があります。給料も実は最近どんどん変わっていっています。世間的に働き方改革が騒がれる世の中で、研修医の待遇が良くなる病院が最近増えているのです。

例えば元々「いい病院だけど給料だけがネックだった病院」が給料も良くなり人気になるといったことが最近あります。このようなことで京大内でも関連病院の中での人気も年によってどんどん変化してきています

そのような人気の変化を知ることができれば、受かりやすい病院を見つけることができるでしょう。だからこそ、他の大学の医学生の知り合いを持って情報を集めることも大事になってくると思います。

まとめ

今回は病院の説明会に行ってその病院の人気の高さに驚いたので記事にしました。特に最近は関西圏の病院は倍率が高くなっているようです。関西圏の病院でその中でも人気な病院にマッチングしたい人は早めから準備しておくことをオススメします。

医学部の情報を公開しています。ツイッターのフォローをお願いします。

ツイッターのフォロー

 

  • この記事を書いた人

令和 医学

京大医学部の医学生。自らの受験経験と大手塾での講師と家庭教師の経験から医学部含む受験についての正しい情報を知ってもらいたいと思っている。特に数学が得意で偏差値は90越え。趣味は旅行。特にディズニーが大好き。

Copyright© 初心者医学生の雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.