【祝ディズニー新エリア誕生】ファンタジースプリングスとは?いつから?

2019年5月22日

こんにちは、ディズニーに関する嬉しいニュースが飛び込んできましたので書きたいと思います。

2019年5月21日にオリエンタルランドは2022年度にオープン予定の「東京ディズニーシー 大規模拡張プロジェクト」の起工式を開催しました。

大規模拡張とはどんなものなのかまずは以下の動画を見てください。

なんと、ディズニーシーにこのような新エリアが誕生するのです。その新テーマポートの名前が「ファンタジースプリングス」です。魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界をテーマとしたこのエリアには4つの新アトラクション、3つのレストラン、1つのショップ、そして新たなディズニーホテルがオープンする予定です。

新エリアの場所

新エリアはこのような場所の予定みたいです。現在は駐車場として使われているエリアに新たなテーマポートが作られるようです。

新エリアの特徴?

今回新しくできるエリアのテーマは「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」のようです。

アナと雪の女王

これが「アナと雪の女王」をイメージしたエリアです。この画像1つ見るだけでも夢が膨らみますね。このエリアにはアトラクションも建設予定で、アナとエルサ2人の姉妹の心あたたまるストーリーを巡る旅が体験できるようです。私はジェットコースターは苦手なのでできればそこまで怖くないものであれば嬉しいな。少しスリルがあるという噂がありますがどうなるのでしょうか。

塔の上のラプンツェル

 

これが「塔の上のラプンツェル」をテーマにした新エリアです。ラプンツェルの塔があるようです。建物のバランスが大丈夫なのか少し気になりますね。

このエリアにはランタンフェスティバルを訪れるアトラクションができる予定らしいです。ランタンフェスティバルがモデルということですごく綺麗なものが期待されます。最新の科学技術で是非素晴らしいものになってほしいです。

さらには愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランが登場予定みたいです。

ピーター・パン

最後にこれが「ピーター・パン」をテーマにした新エリアです。この新エリアはもちろんピーター・パンやティンカーベルが住むネバーランドが舞台です。このエリアには2つのアトラクションが登場予定のようです。

1つ目の大型アトラクションは海賊にさらわれたウェンディの弟ジョンを救うためボートに乗って川を下り、ティンカーベルのピクシーダストでネバーランド上空へ飛び立つというような内容のようです。

どんなものになるのかわかりませんが、ボートに乗って川を下るのでスプラッシュマウンテンのようなものになるのでしょうか。ディズニーランドにはボートに乗るアトラクションが多く、ディズニーシーにはあまりないイメージなのですごく楽しみです。

もう1つのアトラクションは、ティンカーベルと妖精が住むピクシー・ホロウを訪れるかわいらしいものになるようです。

さらに素晴らしい景色を眺めながら食事ができるレストランも登場予定です。

東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトにおける新テーマポートは、現時点では2022年度にオープンの予定です。今から2022年が待ち遠しくなりますね。

2022年までにどう変わるのか

2022年までにもディズニーリゾートは少しずつ改良されていきます。東京ディズニーシーでは2019年7月23日に待望のアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」のオープンも予定されています。2020年には、新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」「ベイマックスのハッピーライド」などを含む新エリアが東京ディズニーランドにオープンする予定です。2021年度には「トイ・ストーリー」をテーマにした新たなディズニーホテルの開業も予定されています。

35周年を過ぎてもどんどん変化していくディズニーリゾートにはまた行きたいなと思います。

まとめ

最近忙しくて今度いつディズニーに行けるか未定ですが、すごく楽しみです。新ディズニーホテルに宿泊して、新しくなったディズニーランド、ディズニーシーに行くのを楽しみにしばらくは生きていきます。

ツイッターフォロー

 

  • この記事を書いた人

令和 医学

京大医学部の医学生。自らの受験経験と大手塾での講師と家庭教師の経験から医学部含む受験についての正しい情報を知ってもらいたいと思っている。特に数学が得意で偏差値は90越え。趣味は旅行。特にディズニーが大好き。

Copyright© 初心者医学生の雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.